『jam』キービジュアル ©2018「jam」製作委員会

写真拡大

映画『jam』のキービジュアルと場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(10枚)】

劇団EXILEのメンバーが総出演し、SABUが監督を務める同作。熱烈なファンの自宅に監禁される場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ、瀕死の重傷を負った恋人の意識回復を望むタケル、刑務所から出てヤクザに復讐を企てるテツオの3人を主人公に、彼らのストーリーが同時間、同じ街で交差し絡み合っていく様が描かれる。公開日は12月1日。

キービジュアルには「この愛は天国か地獄か」というキャッチコピーと共に、ヒロシ役の青柳翔、タケル役の町田啓太、テツオ役の鈴木伸之の姿が写し出されている。また場面写真ではヒロシがファンから贈られたお札でできたレイを首から下げる様子や、恋人を抱きかかえるタケルの姿、テツオが夜の街を徘徊する様などが確認できる。