高尾の社長が死亡した事件 犯人の強い殺意を小川泰平氏が指摘

ざっくり言うと

  • 名古屋市のパチンコ機器製造会社・高尾の社長が遺体で発見された事件
  • 犯罪記者・小川泰平氏は犯行の手口から「強い殺意の現れ」と指摘した
  • 社長には首や腹に、刃物によるとみられる複数の傷があった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x