ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋華賞は、オークスからぶっつけで臨んだアーモンドアイが牝馬三冠を達成。そして菊花賞は、1800mまでしか距離経験がなく、しかも夏の福島以来という異例の臨戦過程で挑んだフィエールマンが勝利を飾りました。

 この2頭はともに、過去のデータや傾向に当てはまらない、まさに型破りな存在です。おかげで、これまでの常識が通用しない、最近の競馬を象徴するような結果になりましたね。

 そして今週は、古馬王道の”秋の三冠”第1弾となる、GI天皇賞・秋(10月28日/東京・芝2000m)が行なわれます。

 近年は、このあと行なわれる残りの二冠、GIジャパンC(東京・芝2400m)やGI有馬記念(中山・芝2500m)のほうが、賞金が高いため、この天皇賞・秋をパスする馬が増えていました。しかし今年は、出走予定13頭のうち、半分以上の7頭がGI馬、しかも明け4歳のバリバリのオープン馬がこぞって顔をそろえました。

 ワグネリアンやダノンプレミアムら3歳馬が参戦できなくなってしまったのは残念ですが、それでも十分に見応えのあるレースが期待できる面々が集結し、スタートがとても待ち遠しくなりましたね。

 まず注目は、その明け4歳馬。この世代の皐月賞馬、ダービー馬、菊花賞馬と、クラシック三冠すべての勝ち馬が名を連ねましたが、左回りの東京・芝2000mという舞台を考えれば、その3頭よりも、スワーヴリチャード(牡4歳)のほうが気になります。

 左回りは、これまで6戦して3勝、2着2回、3着1回。馬券圏内(3着以内)を外したことがありません。

 2回の2着にしても、まだ成長途上にある、2歳時のGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)と、3歳春のGI日本ダービー(東京・芝2400m)。3着に終わったのも、初めてのマイル戦をGIで迎えた前走・安田記念(6月3日/東京・芝1600m)と、それぞれ敗因がありました。

 逆に勝ったGIII共同通信杯(東京・芝1800m)、GIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)、GII金鯱賞(中京・芝2000m)は、GIではないものの、どれも圧勝でした。

 対して、右回りでは、今春のGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)こそ勝利しましたが、その大阪杯を含めて、GI皐月賞(6着。中山・芝2000m)も、GI有馬記念(4着)も、どこかレースぶりが窮屈そうに見えました。

 右回りと左回りでは、大きくパフォーマンスが変わると思うんです。だからこの春も、大阪杯を勝ったあと、距離適性よりも左回りという点を重視して、GI宝塚記念(6月24日/阪神・芝2200m)ではなく、あえて安田記念に向かったのでしょう。

 2000mという距離も、右回りのGIを制したように、ベストの距離と言えるでしょう。今回は、スワーヴリチャードにとって、まさしく得意の舞台。それだけで、重要視するに値します。

 3歳時のクラシックで後塵を拝した皐月賞馬のアルアイン(牡4歳)と、ダービー馬のレイデオロ(牡4歳)。アルアインにはその後のレースでリベンジを果たしているだけに、ここではレイデオロを下せるかどうか。必見です。

 当然、そのレイデオロも中心的な存在です。何が「中心」かというと、馬券という意味よりも、レースにおける”中心”です。他馬が最初にマークする――つまり、この馬の動き方ひとつでレースも動く、そんな存在だと思います。

 というのも、それだけの実績があるのはもちろんですが、どのようにでも動ける自在な脚質の持ち主で、何より鞍上が目下GI連勝中のクリストフ・ルメール騎手だからです。

 先週の菊花賞も「お見事」としか言いようのない好騎乗でした。もし、彼より後ろの位置でレースをしていた場合、彼の真後ろについていけば、ロスなく競馬ができるはずです。競輪のようですが、競馬でも意外とそういうところがあるんですよね。

 東京・芝2000mという舞台は、余程の乱ペースにならない限り、実力どおりの結果になりやすいコースです。今のルメール騎手ならば、レイデオロをうまく誘導していくのではないでしょうか。

 このレイデオロに、前哨戦のGIIオールカマー(9月23日/中山・芝2200m)で惜敗を喫したアルアインも、決して軽視はできません。

 番手からうまく抜け出しながら、最後に差し切られたオールカマーでの負け方を見ると、直線がさらに長くなる東京コースでの逆転はかなり難しく思えるのですが、距離自体はGIを勝っている2000mに短縮されます。鞍上の北村友一騎手も、2度目の騎乗でプラスアルファーが見込め、勝ち負けに加わる可能性は十分にあります。

 菊花賞馬のキセキ(牡4歳)は、昨年のGII神戸新聞杯(2着。阪神・芝2400m)で、2馬身離されたレイデオロとは勝負づけが済んでいる印象があります。また、今春の不調ぶりも懸念材料になりますね。

 ただ、前走のGII毎日王冠(3着。10月7日/東京・芝1800m)では復調気配が見られましたから、注意は必要でしょう。

 毎日王冠では、牝馬に負けてしまい、3歳馬に差されるという結果。古馬の王道を歩もうとする馬にとっては不甲斐なく見えますが、勝った牝馬は安田記念でスワーヴリチャードに先着したアエロリット、強襲して2着に入った3歳馬はマイル〜1800mまでなら、世代トップクラスのステルヴィオでした。

 しかも、この2頭にとって得意舞台だったことは確か。一方、キセキにはやや忙しい距離だったと思います。

 そうした敗因がありますし、アエロリットとステルヴィオの2頭は、11月のGIマイルCS(11月18日/京都・芝1600m)でも上位人気を形成するでしょうから、それらと差のない3着だったキセキが、ここで好走するチャンスはゼロではありません。

 そうは言っても、レイデオロを破るには、この1年における大きな成長が必要です。それだけの成長を、まだレースではうかがうことができていないだけに、さすがに物足りなさは感じます。無論、その名前のとおり”奇跡”的な走りを見せれば、一変があっても不思議ではありませんが……。

 さて、今回の「ヒモ穴馬」ですが、ここまで注目してきた同じ明け4歳世代のサングレーザー(牡4歳)を取り上げたいと思います。


成長著しいサングレーザー

 3歳時は、前述の4頭とはまったくの別路線、マイル前後のレースを中心に使われてきました。馬体も、気性も成長した秋には、古馬相手のGIIスワンS(京都・芝1400m)で鮮やかな勝利を飾り、GIの舞台となるマイルCSでも3着と好走。暮れのGII阪神C(阪神・芝1400m)でも3着と善戦しました。

 年が明けて今春も、GIIマイラーズC(4月22日/京都・芝1600m)を快勝。安田記念では3番人気に推されました。結果は5着でしたが、展開と位置取りによっては、勝ってもおかしくないレースだったと思います。マイル路線では現役屈指の存在となりましたね。

 しかしながら、2歳時には芝1800m戦で初勝利を挙げ、芝2000m戦のGIIホープフルS(5着。中山)に駒を進めたように、当初はクラシック戦線を意識する馬だったと思います。それだけの素質を、厩舎サイドでは感じていたのでしょう。

 そして今春の結果から、馬体と気性のさらなる成長を感じてか、この夏には再び芝2000m戦のGII札幌記念(8月19日/札幌)に挑戦しました。おそらく陣営としても、ここがターニングポイントと考えていたと思います。

 結果は見事に勝利。今後の路線の幅が広がって、単なるマイラーではなくなりました。

 こうして試金石となる一戦で結果を出したのですから、秋の目標は当然、天皇賞・秋になりますよね。 今回の鞍上は、なんとジョアン・モレイラ騎手。瞬発力が武器のこの馬にとって、心強いパートナーと言えるでしょう。モレイラ騎手は、脚をタメて爆発させることにも長けていますからね。本当に楽しみな1頭です。