死亡の信金元職員が2億円超着服 遺族に返還要請へ

ざっくり言うと

  • 京都中央信用金庫は26日、元職員が総額2億円以上を着服していたと発表した
  • 元職員は信金側が調査を開始した直後に死亡しており、自殺とみられている
  • 信金が被害顧客に全額を弁済し、元職員の遺族に着服分の返還を求めるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x