断然人気のアーモンドアイが勝利を飾って、比較的堅い決着に終わった秋華賞から一転、菊花賞は7番人気の伏兵フィエールマンが勝利し、3連単の配当が10万円を超える波乱となった。

 ますます盛り上がる秋のGIシリーズ。今週は舞台を京都から東京に移して、秋の”古馬三冠”の初戦となる天皇賞・秋(東京・芝2000m)が10月28日に行なわれる。

 目下のところ、出走予定13頭中、GI馬が7頭という豪華メンバーだが、その分、思わぬ人気薄となる実力馬が必ず何頭か出てくる。そんな状況ゆえ、今が”旬”の、香ばしく焼けた秋刀魚のように、天皇賞・秋からは波乱の匂いがプンプンする。

 その注目のレースを前にして、デイリー馬三郎の吉田順一記者はこんな見解を示す。

「13頭という頭数になったことで、上位と下位の差が明白になりました。さらに、顔ぶれを考慮すると、スローペースの可能性が出てきました。

 ただそれでも、先週のGIII富士S(東京・芝1600m)で1分31秒7の好時計が計測され、また東京開催1週目のGII毎日王冠(芝1800m)、2週目のGII府中牝馬S(芝1800m)と、ともに1分44秒台という速い決着となりました。(馬券検討においては)そうした高速馬場であることも、頭に入れておかなければいけないでしょう」

 これらの条件を踏まえて、吉田記者はレースの方向性をこう分析する。

「時計の速い軽い芝なら、究極の瞬発力勝負となる可能性もありますが、頭数が落ち着いたことで、鞍上の思惑どおりにレースを運べる公算が高くなりました。とすると、上がりの速い競馬は避けたいダンビュライト(牡4歳)、ミッキーロケット(牡5歳)、そしてキセキ(牡4歳)やスワーヴリチャード(牡4歳)あたりは、発馬次第では主導権を握ることも考えられます。その流れ(ラップ)次第で、上位の顔ぶれはガラッと変わりそうです」

 明確な逃げ馬が不在のため、先週の菊花賞のようなスローペースが予想されるが、今回はむしろそれを嫌って、スタートから道中にかけて、積極的に動いていく馬も少なくないのではないか、というのが吉田記者の見立てである。そこで、そういう流れが一番向きそうな馬を、吉田記者は推奨する。

「スローペースの”ヨーイドン”という競馬より、平均的に脚を使ったレースをしたい、ディープインパクト産駒のアルアイン(牡4歳)が面白そうです。昨年の皐月賞(中山・芝2000m)以来、勝利を挙げていないことから『決め手がない』と判断している声も多いようですが、その間、適した舞台を使っていないのも事実です。


昨年の皐月賞馬アルアインも「伏兵」の1頭

 毎日王冠(10月7日)から中2週で、再度長距離輸送して本番を迎えるより、『(本番までの)間隔を取りたい』ということで、GIIオールカマー(9月23日/中山・芝2200m)に出走し、そこで文句なしの立ち回りを見せて2着。その後も負荷がかかった稽古が施されて、ここを目標に好状態で臨めそうです。

 緩急のつかないラップなら、速い時計にも難なく対応できるタイプ。加えて、坂路中心に鍛えられていることや血統的なものもあってなのか、最近は筋肉量が増えて、(馬体は)マイル〜2000mの距離に適したフォルムになっています。人気の各馬が後ろで少しでもけん制してくれれば、前で押し切る可能性は大いにあるんじゃないでしょうか」

 吉田記者はもう1頭、距離適性や予想されるレース展開から人気を下げそうな、あの”グランプリホース”の名前を挙げた。

「1週前追い切りの動きが素晴らしかったマカヒキ(牡5歳)の復活、というのも気になっているのですが、こちらは人気になりそう。そこで、代わりに大穴としてお薦めしたいのが、逃げの手に打って出たときのミッキーロケットです。GI宝塚記念(6月24日/阪神・芝2200m)を勝利しながら、それをフロック視されており、時計の速い舞台設定ということもあって、あまり支持を得られないタイプですが、決して侮れません。

 東京競馬場も問題ないでしょう。坂路の追い切りでも、右回りの競馬でも、内にモタれる悪癖があり、主戦の和田竜二騎手が『(ミッキーロケットは)左回りのほうが、間違いなくいい』と公言しているほどですから。思い切った戦法で主導権を握って、適度に上がりのかかる流れを作り出せば、一発の可能性はありますよ」

 翻(ひるがえ)って、日刊スポーツの木南友輔記者は、春の取材の感触からGI未勝利の馬を推す。

「注目は、サングレーザー(牡4歳)です。春のダービー週に栗東へ取材に行ったとき、同馬の安田記念(6月3日/東京・芝1600m)の1週前追い切りに福永祐一騎手が騎乗。その際、『秋には天皇賞・秋を狙えるくらいになれば』と話していて、”そんなに能力が高いのかよ”と思って、そのことが強烈な印象に残っています。

 昨年のGIマイルCS(京都・芝1600m)は強敵相手によくがんばっての3着でしたが、安田記念は正攻法で外をまわして5着と惜敗。しかしその後、GII札幌記念(8月19日/札幌・芝2000m)では、厳しい流れのなか、価値ある勝利を飾りました。そこから直行、というローテにも好感が持てます。

 さらに、ジョアン・モレイラ騎手が鞍上を務めることも魅力です。逃げ馬がいないというのが、この馬にとってはポイントになりますが、このメンバーの中に入ってどれだけやれるのか、楽しみです」 目移りするような好メンバーがそろった、この秋最初の古馬頂上決戦。オイシイ馬券を狙うなら、思わぬ低評価に甘んじそうな、ここに挙げた3頭の実力馬に命運を託してみてはどうだろうか。