南アジアで脱・一帯一路が相次ぐ 中国への債務増え批判高まる

ざっくり言うと

  • モルディブの大統領選で当選した野党候補が一帯一路関連事業の見直しを明言
  • 現大統領は中国への傾斜を強め、大型事業を中国の融資で次々と着手していた
  • 対外債務がGDPの約3分の1にまで拡大し、国内外から批判が高まっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング