駅伝で選手が四つんばいも棄権認められず 運営側も正当性を主張

ざっくり言うと

  • 21日の「プリンセス駅伝」で起きて物議を醸している、選手の四つんばい問題
  • 岩谷産業は、最後まで競技をさせた大会運営側に対し「誠に遺憾」と表明した
  • しかし競技続行を判断した大会運営側は、あくまで正当性を主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x