「衝撃の映像。中国です」と司会の羽鳥慎一が取り上げたのは、中国・湖北省で12日(2018年10月)、クルマのタイヤが爆発して、赤ちゃんを抱いた女性が吹き飛ばされる映像だった。

事故は自動車修理工場の前で起きた。フォークリフトに立てかけられたタイヤが突然、破裂し、近くを歩いていた女性を直撃したのだ。周囲が白い煙に包まれるなか、女性が抱いていた赤ちゃんは宙に投げ出され、女性は路上に倒れ込んで動けない。

修理工場が充填装置のスイッチ入れっぱなし

周囲の人たちが助けに寄ってきたが、幸いなことに赤ちゃんはケガはなく無事だった。女性もかすり傷ですんだという。

羽鳥「爆発の原因は、タイヤに空気を入れていた従業員がスイッチを切り忘れ、タイヤにどんどん空気が入ってしまって爆発したということです」