【アルテミスS】グレイシア レースぶりの幅魅力

写真拡大

アルテミスステークス
グレイシア

デビューから無傷の2連勝で駒を進めてきたグレイシア(牝2、栗田徹)が、関東の主役。逃げ切り勝ちの初戦、差し切り勝ちの2戦目と、レースぶりに幅があるのも大きな魅力だ。

逃げ差し 変幻自在の幅

主戦の田辺は「前走は強い内容でしたが、あの(最後方から大外一気)競馬だけでは厳しいでしょうね。馬群から運ぶか、もっと前めにつけるか…工夫できればと思います。ゲートに課題があるので今週は練習をしました。新馬戦の時も同様のパターンでスタートを決めてくれたので、今回もこれがいい方に出ればいいですね」と見通しを語った。