ポドルスキの「野球センス」ってどうなの?ネイマールらと比べてみる

写真拡大

昨年からJリーグでプレーしている元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ。こんな動画をSNS上にアップし、話題になっている。

バッティングセンターで打撃にチャレンジしていたようだ!バットを握る左右の手が逆で、やや根元に当たっているように見えるが、しっかりミートしている。

彼のように有名サッカー選手たちが野球をやった時、一体どんな打撃フォームになるのか。見てみよう。

▼FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー時代)

完全なるオープンスタンスというか何というか…。それでも、しっかり当たっているのはスゴイのかも。

▼カカ、シャビ・アロンソ、ゴンサロ・イグアイン、ホセ・カジェホン(レアル・マドリー時代)

グローブを着けたアロンソは新鮮!カジェホンは3塁側に走り出してる?

▼GKジョー・ハート(マンチェスター・シティ時代)

意外にもうまい!実は幼い頃にクリケットをプレーしていたことがあり、打つのはお手の物なのだ。

▼MFジェームズ・ミルナー(マンチェスター・シティ時代)

ティーバッティングだが、なかなか豪快なスイング!そして、ハートはやっぱり上手。

▼FWラダメル・ファルカオ(モナコ)

タイミングの取り方、足の踏み込みなどからお察しの通り、実は野球経験者!WBCの常連であるベネズエラで幼少期を過ごしており、もしコロンビアに帰っていなければ野球選手になっていたかも?

ネイマール(バルセロナ時代)

サッカーでも右利きながら左足を起用に使うが、なんと左打ち!バットを寝かせてしっかりミートする当たりは、意外にセンスがあるかも?