バイン氏(左)は大坂の勧めでアニメを見始めたという【写真:小林 靖】

写真拡大 (全2枚)

「THE ANSWER」単独インタ最終回―コート外から深める絆、勧められて見始めたアニメ

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)の出場権を掴み、初陣を終えた大坂なおみ(日清食品)。コート上では迫力あるショットを炸裂させる大坂だが、一旦試合が終わると、人見知りでシャイな一面が現れてくる。他人に心を許すまでしばらく時間を要するという21歳だが、昨年12月からコーチに就任したサーシャ・バイン氏は早々に信頼関係を築き、秘める才能を開花させた。

「状況を読んで、自分がどう振る舞うべきか感じ取るセンスを持っている」と自負するバイン氏は、シャイな大坂との壁を取り払うためにどんなアプローチをしたのだろう。きっかけは、アニメ「デスノート」を見ることだった。

「コートから離れた場所の方が、選手との絆を深めやすいと思うんだ。同じ趣味や興味を持っているかもしれないからね。音楽、映画、本、何でもいい。アニメ好きなナオミの場合は『デスノート』だったんだ。最初はどんな作品か知らなかったから、エピソードを2、3見るうちに『オーマイガー!』って(笑)。でも、見始めると面白くて、僕もハマってしまったんだ。

 翌日、練習に行くと、ナオミがどのエピソードを見たのか聞いてきたんだ。そこから『デスノート』の話を始めて……。そんな感じで打ち解けていったんだ。何か共通の話題が見つかれば、そこからコートの上に移ってもつながりを感じたり、信頼を深めたりできるからね」

 フィットした体型を保つために大坂との練習も含め、1日6、7時間は体を動かしているというバイン氏。「1日がかりの仕事なんだ」というコーチ業の合間を見計らい、「デスノート」の他にも、大坂から勧められた「鋼の錬金術師」「ドラゴンボール」はチェック済み。「もう1つ勧められたんだけど、忘れちゃった(笑)」とバツの悪そうな表情を見せるが、新しい文化や人との出会いに対して好奇心旺盛に向き合えるのは、国際色豊かな自身の経歴とも関係しているようだ。

試合後のインタビューで飾らぬ姿「無邪気さと素直さを失わない」

 バイン氏はドイツ出身ではあるが、スラブ系のクロアチア人で「自分のことはドイツ人という括りでは見ていない」という。コーチとして、アフリカ系アメリカ人のセリーナ・ウィリアムズ、ベラルーシ出身のビクトリア・アザレンカ、デンマーク出身のキャロライン・ウォズニアッキらのパートナーを務めた。

「僕はいろいろな場所で暮らしてきた。今はアメリカに住んでいるけど、アメリカ人というわけではない。だからこそ、いろいろな文化を受け入れられるし、つながりを感じられるんだと思う」。ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持ち、アメリカで育った大坂との出会いは、偶然ではなく必然だったのかもしれない。

 大坂と言えば、試合後にコート上で行われるインタビューで見せる型にはまらない受け答えも人気だ。ベテランの中には、試合後のインタビューで毎回同じ答えしか繰り返さない選手もいる。だが、大坂が見せるのは等身大の姿。34歳の若さながら16年のコーチ歴を誇るバイン氏にとっても、大坂のキャラクターは「とても新鮮だ」と目尻を下げる。

「彼女は正直で、自分の感情をオープンに伝える。今ではあれだけの大スターになったのに、無邪気さと素直さを失わない。悲しい時は悲しいと言うし、うれしい時はうれしいと言う。偽りのない感情を見せるんだ。僕は尊敬を覚えるくらい。みんな彼女から教えられることは多いんじゃないだろうか」

“バーンアウト”の心配はなし「彼女の才能に限界はない」

 全米オープンを制し、全世界の注目を一身に浴びた大坂は、メディアでも引っ張りだこになった。グランドスラム優勝という目標を達成したことに加え、取り巻く環境の急変に“バーンアウト(燃え尽き症候群)”を心配する声も上がるが、バイン氏は「そこまで気にしていない」と話す。

「僕はナオミが健康であれば、今戦っているレベルから大きく後退することはないと思う。もちろん、人生は何が起こるかわからないし、そのために準備をする必要はある。だが、たとえ失敗やつまずきがあっても、そこから学ぶことができれば、必ず元に戻れる。ナオミはその資質が備わっているから」

 これまでは常に挑戦者であり続けたが、来季からは前回優勝者として挑戦を受ける立場になる。追いかける者と追われる者。立場は変わるが、バイン氏が大坂に期待するのは、これまでと同じ、常に上を目指す姿勢だ。

「グランドスラムで何度も優勝する可能性があると思うし、世界ランク1位になる可能性もある。もちろん、彼女自身それを強く望んでいることも知っている。その気持ちがなければ、僕は彼女のコーチを引き受けてはいない。一番大切なのは、どんな立場になっても、毎日少しでも上達したい、世界最高の選手になりたいという思いを持ってコートに立つこと。僕はそれを達成できるようにサポートできる存在ありたい。彼女の才能に限界はないからね」

 相性ピッタリのコーチと出会い、殻を破ることに成功した大坂は、10月16日に21歳の誕生日を迎えたばかり。無邪気さと素直さを持つテニス界の新ヒロインは、どこまで大きく羽ばたくのか。その未来は限りなく広がっている。

(終わり)(佐藤 直子 / Naoko Sato)