10月28日、東京競馬場では3歳以上によるGI天皇賞・秋(芝2000m)が行なわれる。

 当初出走を予定していた、今年の日本ダービー馬ワグネリアン、昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムの回避は残念だが、アルアイン(2017年皐月賞:中山・芝2000m)、キセキ(2017年菊花賞:京都・芝3000m)、スワーヴリチャード(2018年大阪杯:阪神・芝2000m)、マカヒキ(2016年日本ダービー:東京・芝2400m)、ミッキーロケット(2018年宝塚記念:阪神・芝2200m)、レイデオロ(2017年日本ダービー)、ヴィブロス(2016年秋華賞、2017年ドバイターフ:メイダン芝1800m)と、7頭ものGI馬が顔を揃えている。

 アルアイン、スワーヴリチャード、ヴィブロスと、2000mのGI馬が3頭集まっているが、筆者は3000mの菊花賞を勝ったキセキ(牡4歳/栗東・中竹和也厩舎)に注目している。


2017年の菊花賞を制したキセキ

 同馬が勝利した昨年の菊花賞は、不良馬場で勝ちタイムは3分18秒9と、レコードから17秒以上も遅い。スタミナとパワーが要求される競馬になったため、キセキについてもそんなイメージがついてしまったと思われるが、決してスピードがない馬ではない。

 2歳時の新馬戦は阪神の芝1800m戦で3馬身半差の圧勝を見せ、2勝目は中京芝2000m戦、3勝目は信濃川特別(新潟・芝2000m)を勝利している。特筆すべきは信濃川特別の内容で、4コーナーでは14頭立て12番手の後方待機策から、上がり3F32秒9という素晴らしい瞬発力を発揮し、1分56秒9の好時計を叩き出しているのだ。

 新潟競馬場は好タイムが出やすい競馬場ではあるが、この持ちタイムはメンバー中最速で、過去の天皇賞・秋でこれを上回るタイムで勝ったのは2011年のトーセンジョーダン(1分56秒1)のみだ。

 キセキは昨年の菊花賞後、GI香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)9着、GII日経賞(中山・芝2500m)9着、GI宝塚記念8着と不振だった。だが、前走は芝1800mの毎日王冠で、他馬より2kg以上重い斤量を背負いながら2番手を追走し、勝ったアエロリットから0秒2差の3着に粘り込む好内容の競馬を見せた。先行して結果を出せたのも収穫だ。

 血統的にも2000mで推せる要素は多い。父ルーラーシップは芝2000mの香港GIクイーンエリザベス2世C勝ち馬で、3歳時には、天皇賞・秋と同じ東京・芝2000mのOPプリンシパルSを4馬身差で圧勝している。

 甥グレーターロンドンは芝1600mの重賞、GIII中京記念(中京・芝1600m)の勝ち馬で、伯母のオークス馬ダイワエルシエーロも、芝1600〜2400mの幅広い距離の重賞を勝利。祖母ロンドンブリッジは芝1400mのGIIIファンタジーSを勝利し、芝1600mのGI桜花賞で2着に入ったスピード馬だった。

 さらに、父ルーラーシップの母エアグルーヴは1997年のこのレースの勝ち馬でもある。血統的には3000mより、2000m前後がしっくりくる馬なのだ。昨年のキタサンブラックに続く、菊花賞馬による天皇賞・秋制覇に期待したい。

 もう1頭挙げるなら、スワーヴリチャード(牡4歳/栗東・庄野靖志厩舎)を無視するわけにはいかない。東京競馬場では5戦してGIII東京スポーツ杯2歳S(芝1800m)2着、GIII共同通信杯(芝1800m)1着、GI日本ダービー2着、GIIアルゼンチン共和国杯(芝2500m)1着、GI安田記念(芝1600m)3着で、2勝、2着2回、3着1回と安定した走りを見せている。敗れた3戦もすべて勝ち馬から0秒1以内という接戦だった。

 同馬は今年の春にその素質が本格的に開花。GII金鯱賞(中京・芝2000m)を勝利し、続くGI大阪杯でGI初制覇を飾り、初距離で距離が短いと思われた安田記念でも好走を見せた。1600mで差のない競馬ができた経験は今回に活きてくるだろう。

 父ハーツクライは4歳時のGI有馬記念(中山・芝2500m)で、当時無敗のディープインパクトを破りGI初制覇。5歳時にもGIドバイシーマクラシック(ナド・アルシバ・芝2400m)を勝った遅咲きの馬で、代表産駒ジャスタウェイも、4歳時に天皇賞・秋を制してGI初制覇を果たしている。

 スワーヴリチャードも秋を迎え、さらなる強さを見せることが予想される。今回は約5カ月ぶりの実戦となるが、過去に中10週以上の間隔が開いていた3レース(共同通信杯、アルゼンチン共和国杯、金鯱賞)はすべて勝利しているように、久々は苦にしないタイプだ。

 以上、天皇賞・秋はキセキとスワーヴリチャードの4歳馬2頭に期待したい。