男性がスロット依存症を理由に賠償金請求 約3億円超を勝ち取る

ざっくり言うと

  • 豪裁判所がスロットに約2億円超つぎ込んだ男性をギャンブル依存症と認定
  • マシンを製造した会社に対し、賠償金約3億円超を男性に支払うよう命じた
  • 男性は依存症で体の自由が部分的に奪われており、掛け金は無効であるとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x