2030年の人手不足数 2017年の約5.3倍にあたる644万人と予想

ざっくり言うと

  • パーソル総合研究所と中央大学が、2030年の人手不足数を発表した
  • 2017年の121万人の約5.3倍にあたる644万人となると予想
  • 女性や高齢者、外国人などの労働力の活用で不足を埋められるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x