国の調和を守るために…「幸せの国」ブータンを追われた少数民族

ざっくり言うと

  • 1985年に当時の国王によって「一国一民族」政策が掲げられたブータン
  • ネパール語を話す少数民族「ローツァンパ」の人々は市民権を剥奪された
  • 「移民」というレッテルを貼られ、無情にも国を追われたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング