韓国政府の労働政策で失業率が上昇 国策シンクタンクが異例の指摘

ざっくり言うと

  • 最低賃金の急激な引き上げや労働時間短縮など、韓国政府は労働政策を進める
  • 国策シンクタンクは、同政策が失業率上昇の要因になっていると指摘
  • 人件費の上昇を招き、企業の労働需要を減少させたとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x