韓国女優の「日本で痴漢に遭った」発言にネットが炎上

写真拡大

 韓国の女優カン・ウンビが自身のYouTubeチャンネルで配信した「大阪痴漢事件‼」の映像が波紋を呼んでいる。

・合わせて読みたい→
韓国人カップルはケンカが過激 日本人が驚く実態とは(https://cocokara-next.com/stress/korean-couple-extremists-are-fighting/)


 カン・ウンビは映像の中で「私は昨日、ある男性から痴漢行為を受けた。放送を終えて宿舎に行こうとしているところ、後ろからある男性が腰を触りながら抱きつこうとした」と告白。「自分はモデルだから一緒に酒を飲もうと言った。私は嫌だと言っているのに、ずっと追いかけてきた」と恐怖を味わったことを明かした。近所で客引きをしていたウェイターに助けを求めたことでこの状況から逃げられたという。

「うそではなく本当に怖かった。その男は40代のようだった。韓国で40代くらいなら私の顔をほぼ知っているので私にそんなことはしない。さらにスカートをはいていたわけでもなかった。フードつきTシャツにレギンスズボンに運動靴を履いていた」と説明したが、日本のネット上ではカン・ウンヒの訴えに疑問を呈する書き込みが多い。

 「この韓国の女優さんは日本語できるの?話しかけられた言葉をなんで理解できたんだろう」、「YouTubeでなく警察に言うべき事案では…」というコメントのほか、「反日だと韓国国内で支持してもらえるからね。売名行為でしょう」、「嫌ならもう日本に来ないでください」という過激な意見も。

「怖い思いをしたでしょう。せっかく日本に来たのに…」と同情的な書き込みもあった。カン・ウンビは過去にも「女性として芸能人はとてもつらい」とスキャンダルやベッドシーンなどについての苦痛を告白。一部のネットユーザーから殺害の脅迫を受けていたことも明かし、韓国国内に衝撃を与えた。今回の痴漢被害も勇気を振り絞って発言したとみられるが、慰安婦や旭日旗の問題などで日韓関係がデリケートなだけに、大きな反響を呼びそうだ。