映画『ビューティフル・ボーイ』ドラッグ依存からの更生を描く実話、ティモシー・シャラメ出演

写真拡大

映画『ビューティフル・ボーイ』が、2019年4月12日(金)に公開される。

ドラッグ依存症からの再生を描いた実話

『ビューティフル・ボーイ』は、長年のドラッグ依存を克服し、現在は人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物の半生を描いた実話に基づく物語。製作はブラッド・ピットが代表を務め、『ムーンライト』や『それでも夜は明ける』などを手掛けたプランBエンターテインメント。ブラッド本人もプロデュースを手掛ける。

ティモシー・シャラメ出演

ドラッグ依存症に苦しむ息子・ニックを演じるのは、『君の名前で僕を呼んで』で注目を集めたティモシー・シャラメ。『君の名前で僕を呼んで』は、アカデミー賞脚本賞受賞、主要4部門にノミネートしたが、『ビューティフル・ボーイ』では、オスカー賞レースのキックオフといわれるハリウッド映画賞でティモシーが助演男優賞を受賞。また第76回ゴールデングローブ賞においては、助演男優賞にノミネートされており、今後の賞レースに期待が募る。

日本公開に先んじて、2018年10月映画『ビューティフル・ボーイ』のプレミアがBFI ロンドン映画祭にて行われた。主演のティモシー・シャラメは、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)の花柄スーツを着用し、アレキサンダー・マックイーン2018-19年秋冬コレクションからセレクトしたVネックTシャツとチェルシーブーツを合わせて登場した。

監督はフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン

また、ニックの父・デヴィッド役は、『フォックスキャッチャー』にも出演したスティーヴ・カレルが演じる。

また、監督は、『オーバー・ザ・ブルースカイ』のフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン、脚本は、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』のルーク・デイヴィスが手掛ける。

場面写真のポストカードが付いたムビチケカード発売

公開に先立ち、2019年1月18日(金)より本作のムビチケカードが発売。特典として、ティモシー・シャラメの場面写真2枚と、本作で父・デヴィッドが大切に持ち歩いていた写真をイメージしたセピア加工の本国ビジュアルのポストカード3枚がセットとなる。

あらすじ

成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されていた学生ニックは、ふとしたきっかけで手を出したドラッグに次第にのめり込んでいく。更生施設を抜け出したり、再発を繰り返すニックを、大きな愛と献身で見守り包み込む父親デヴィッド。何度裏切られても、息子を信じ続けることができたのは、すべてをこえて愛している存在だから。父デヴィッドと、ドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点で書いた2冊のベストセラーノンフィクションを原作とした実話に基づく愛と再生の物語。

詳細

映画『ビューティフル・ボーイ』
公開時期:2019年4月12日(金) TOHO シネマズシャンテ他にて全国公開
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
脚本:ルーク・デイヴィス
出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ
製作:PLAN B

■ムビチケカード
発売日:2019年1月18日(金)
価格:1,500円
内容:オリジナルポストカード3枚セット(場面写真2枚+本国ビジュアル風1枚)
※Aパターン・Bパターン場面写真違いの2種類
※パターンは選択不可
※場面写真のポストカードは全4種類
※取り扱い映画館などの詳細は、映画公式サイトにて
[写真付きで読む]映画『ビューティフル・ボーイ』ドラッグ依存からの更生を描く実話、ティモシー・シャラメ出演

外部サイト

  • 映画『ビール・ストリートの恋人たち』ムーンライトのバリー・ジェンキンスが監督&脚本
  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』クイーンのフレディ・マーキュリー、その波乱万丈な人生描く
  • 【2019年】第76回ゴールデングローブ賞受賞結果一覧