21日、東京競馬場で行われた11R・ブラジルカップ(3歳上オープン・ハンデ・ダ2100m)で3番人気、森一馬騎乗、ラインルーフ(牡6・栗東・松永昌博厩舎)が快勝した。クビ差の2着にクラシックメタル(せん7・美浦・萩原清厩舎)、3着にピオネロ(牡7・栗東・松永幹夫厩舎)が入った。勝ちタイムは2:10.4(良)。

1番人気で田中勝春騎乗、ミキノトランペット(牡4・栗東・大橋勇樹厩舎)は、8着、2番人気で中井裕二騎乗、グレイトパール(牡5・栗東・中内田充正厩舎)は、10着敗退。

1番人気、ミキノトランペットは8着に敗退

森一馬が激しいアクションでラインルーフを叱咤し何とか逃げ粘った。決して楽なレースではなかった。前半のポジション争いでやや脚を使ったが、半馬身ほどのリードを保ってなんとか先手を奪った。3コーナー過ぎから後続の追い上げも早めで早々にペースアップを余儀なくされると、直線入り口から馬群に飲まれそうになった。そこから粘りに粘っての見事な走りを見せ、ラストは13.3と歩いたが気合の騎乗で同馬を勝利に導いた。

ラインルーフ 21戦7勝
(牡6・栗東・松永昌博厩舎)
父:フレンチデピュティ
母:サルトリーガール
母父:スペシャルウィーク
馬主:大澤繁昌
生産者:村田牧場

【全着順】
1着 ラインルーフ
2着 クラシックメタル
3着 ピオネロ
4着 コスモカナディアン
5着 ナムラアラシ
6着 マイネルオフィール
7着 ストライクイーグル
8着 ミキノトランペット
9着 サトノアッシュ
10着 グレイトパール
11着 アドマイヤランディ
12着 アスカノロマン
13着 カゼノコ
14着 ハービンマオ
15着 トーセンビクトリー
16着 ケンベストカフェ

※主催者発表のものと照らし合わせください