21日、新潟競馬場で行われた11R・北陸ステークス(3歳上1600万下・ダ1200m)で7番人気、藤田菜七子騎乗、モズワッショイ(牝5・栗東・牧浦充徳厩舎)が快勝した。1/2馬身差の2着にプレシャスエース(牡5・美浦・栗田博憲厩舎)、3着にビービーサレンダー(牡5・美浦・久保田貴士厩舎)が入った。勝ちタイムは1:11.5(良)。

1番人気で吉田隼人騎乗、タガノヴィッター(牡5・栗東・牧浦充徳厩舎)は、4着、2番人気で岡田祥嗣騎乗、タガノアム(牝3・栗東・浅見秀一厩舎・担当装蹄師/西内荘)は、9着敗退。

装蹄師/西内荘担当馬のディープミタカは7着となった。

藤田菜七子騎手は今季JRA20勝目!

モズワッショイは好スタート好ダッシュを見せ楽に2番手をキープ。勝負どころから気合を入れられると直線入り口で先頭に並びかけ早めに抜け出した。最後はプレシャスエースの猛追を凌ぎきり約1ヶ月振りの勝利を飾った。

モズワッショイ 25戦4勝
(牝5・栗東・牧浦充徳厩舎)
父:サウスヴィグラス
母:バーレーヘッズ
母父:スペシャルウィーク
馬主:キャピタル・システム
生産者:目黒牧場

【全着順】
1着 モズワッショイ
2着 プレシャスエース
3着 ビービーサレンダー
4着 タガノヴィッター
5着 ニホンピロヘーゼル
6着 コンテナ
7着 ディープミタカ
8着 アデレードヒル
9着 タガノアム
10着 ラズールリッキー
11着 スズカアーサー
12着 リンガスウーノ

※主催者発表のものと照らし合わせください