21日、京都競馬場で行われた8R・なでしこ賞(2歳500万下・ダ1400m)で4番人気、北村宏司騎乗、オルトグラフ(牝2・美浦・池上昌和厩舎)が快勝した。4馬身差の2着にゴルヴァ(牡2・栗東・渡辺薫彦厩舎)、3着に1番人気のタガノカルラ(牡2・栗東・本田優厩舎)が入った。勝ちタイムは1:25.0(良)。

2番人気で浜中俊騎乗、ファイアーボーラー(牡2・栗東・武幸四郎厩舎)は、7着敗退。

装蹄師/西内荘担当馬のスタークォーツは4着、スマートドレイクは5着となった。

パイロ産駒のオルトグラフ

オルトグラフがデビュー2連勝を飾った。人気各馬が追走に苦しむ中、外枠からハイペースに戸惑う事なくスムーズにレースを進めた。直線も上がり最速の37.2の末脚を繰り出し、後続に4馬身差の完勝。ここでは力が1枚上だった。先行争いが激しく1番人気のタガノカルラは追走に苦しみ、ラストでようやく詰めてきて3着。2番人気のファイアーボーラーは馬群の中で頭をあげるような格好でスムーズな追走が出来ず7着敗退となっている。

オルトグラフ 2戦2勝
(牝2・美浦・池上昌和厩舎)
父:Pyro
母:Lyrique
母父:Iffraaj
馬主:ゴドルフィン
生産者:Godolphin

【全着順】
1着 オルトグラフ
2着 ゴルヴァ
3着 タガノカルラ
4着 スタークォーツ
5着 スマートドレイク
6着 マイネルバトゥータ
7着 ファイアーボーラー
8着 エイシンノホシ
9着 ラブミーリッキー

※主催者発表のものと照らし合わせください