【アイビーS】北村友「改めて能力の高い馬だと思いました」クロノジェネシスがデビュー2連勝!

写真拡大 (全2枚)

20日、東京競馬場でおこなわれたアイビーステークス、勝利ジョッキーコメント。

北村友一騎手
「良い前進気勢がある中でしっかり我慢が効いていて反応もありました。改めて能力が高い馬だと思いました」

レース結果、詳細は下記のとおり。

20日、東京競馬場で行われた9R・アイビーステークス(2歳オープン・芝1800m)で3番人気、北村友一騎乗、クロノジェネシス(牝2・栗東・斉藤崇史厩舎)が快勝した。2馬身差の2着にコスモカレンドゥラ(牡2・美浦・田中博康厩舎)、3着にエメラルファイト(牡2・美浦・相沢郁厩舎)が入った。勝ちタイムは1:48.6(良)。

1番人気でM.デムーロ騎乗、トーセンカンビーナ(牡2・栗東・中竹和也厩舎)は5着、2番人気でJ.モレイラ騎乗、カウディーリョ(牡2・美浦・堀宣行厩舎)は7着敗退。

良血各馬を退けたクロノジェネシス

トーセンカンビーナ、カウディーリョなど良血馬を押しのけてバゴ産駒のクロノジェネシスが見事に勝利を飾った。最内で脚を溜めて直線はいつでも抜け出せる手ごたえで他馬を圧倒。ゴール前は流すように走り、重賞でも十分通用しそうな走りだった。

クロノジェネシス 2戦2勝
(牝2・栗東・斉藤崇史厩舎)
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クロノジェネシス
2着 コスモカレンドゥラ
3着 エメラルファイト
4着 トーラスジェミニ
5着 トーセンカンビーナ
6着 セントウル
7着 カウディーリョ
8着 ハヤヤッコ
9着 ハクサンタイヨウ
10着 サルウェーテ

※主催者発表のものと照らし合わせください