20日、京都競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(ダ1400m)で1番人気、岩田康誠騎乗、グルーヴィット(牡2・栗東・松永幹夫厩舎)が快勝した。5馬身差の2着にキョウワドリヴン(牡2・栗東・笹田和秀厩舎)、3着にメイショウランセツ(牡2・栗東・池添兼雄厩舎)が入った。勝ちタイムは1:26.2(良)。

2番人気で三浦皇成騎乗、シンゼンマックス(牡2・栗東・飯田祐史厩舎)は、4着敗退。

ロードカナロア産駒のグルーヴィット

グルーヴィットが嬉しいデビュー勝ちを飾った。レースでは前半35.2のハイペースに中団を押しながらの追走となるも、勝負どころの手応えは抜群でいつでも抜けだせるような態勢だった。後続各馬は脚がパタリと止まる展開の中、直線半ばで後続を一気に突き放すと、力強い走りで5馬身突き放し能力の違いを見せつけた。

グルーヴィット 1戦1勝
(牡2・栗東・松永幹夫厩舎)
父:ロードカナロア
母:スペシャルグルーヴ
母父:スペシャルウィーク
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 グルーヴィット
2着 キョウワドリヴン
3着 メイショウランセツ
4着 シンゼンマックス
5着 イチバンヤリ
6着 トウケイダヴィンチ
7着 ブラボーフェスタ
8着 レッドアルビオン
9着 クリノクルミチャン
10着 スペースコロニー
11着 テイエムヒットバセ

※主催者発表のものと照らし合わせください