20日、京都競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1800m)で1番人気、三浦皇成騎乗、ゴルトマイスター(牡2・美浦・手塚貴久厩舎)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にゴールドラグーン(牡2・栗東・斉藤崇史厩舎)、3着に2番人気のエスコビージャ(牡2・栗東・佐々木晶三厩舎)が入った。勝ちタイムは1:54.0(良)。

ゴールドアリュール産駒のゴルトマイスター

ゴルトマイスターは気持ちで負け気味のスタートから勢いをつけて3番手付近で流れに乗った。前後半50.6-50.7と平均ペースを勝負どころでしっかりと押し上げていき、ラスト1ハロンで突き放すという強い競馬。クラスが上がっても勝ちあがれるだけのポテンシャルは見せた。

ゴルトマイスター 1戦1勝
(牡2・美浦・手塚貴久厩舎)
父:ゴールドアリュール
母:ナスケンアイリス
母父:フレンチデピュティ
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者:桜井牧場

【全着順】
1着 ゴルトマイスター
2着 ゴールドラグーン
3着 エスコビージャ
4着 ヒミノブルー
5着 バンディエラ
6着 ダンツコーラル
7着 スペシャルワン
8着 ヤマカツマッハ
9着 クリノドドンパ
10着 タイセイスマーティ
11着 モクレンノツボミ

※主催者発表のものと照らし合わせください