エタリオウ(2018年・青葉賞)

写真拡大 (全2枚)

10月21日(日)京都競馬場で行われる、菊花賞(G1・3歳オープン・芝3000m)の枠順は下記の通り。

圧倒的に内枠有利な菊花賞で、行きたい馬が内に揃いスタートからの先行争いは注目。ジェネラーレウーノ、エポカドーロ、メイショウテッコンと前に行って結果を出してきた馬のポジション争い次第で展開が大きく変わりそうだ。人気の一角、ブラストワンピース、エタリオウも良い枠に入り、先行争いをみながらポジショニング出来る絶好の展開も望める。

皐月賞馬エポカドーロ、ジェネラーレウーノが飛ばして行く展開になれば面白い。勝負どころでこの2頭の動きが起点になる可能性は大きく、後ろがどこまでついて行くのか、エタリオウ、ブラストワンピースの瞬発力は強烈だけに、前に行く陣営も引きつけてという競馬だと分が悪そうだ。ロングスパートの地力が問われる展開も有り得る。そして良枠を引いたブラストワンピースだが京都コース初という要素はやや気になるところ。大舞台に強い池添謙一騎手の手腕が問われる。

侮れないステイフーリッシュ

ステイフーリッシュ(2018年・京都新聞杯) (C)スポニチ

ステイゴールド産駒はこのレースと相性が良く、人気のエタリオウ、穴人気しそうなアフリカンゴールド、外枠にステイフーリッシュとシャルドネゴールドがエントリー。エタリオウを除けば、実績的に大差と呼べるほどの差はなく、外枠といえども重賞実績のあるステイフーリッシュは状態面も含めて侮れない存在だ。注目のスタートは日曜、15時40分予定

1-1
アイトーン
牡3・国分恭介・五十嵐忠男

1-2
グレイル
牡3・岩田康誠・野中賢二

2-3
ブラストワンピース
牡3・池添謙一・大竹正博

2-4
ジェネラーレウーノ
牡3・田辺裕信・矢野英一

3-5
エポカドーロ
牡3・戸崎圭太・藤原英昭

3-6
メイショウテッコン
牡3・松山弘平・高橋義忠

4-7
ユーキャンスマイル
牡3・武豊・友道康夫

4-8
カフジバンガード
牡3・幸英明・松元茂樹

5-9
エタリオウ
牡3・M.デムーロ・友道康夫

5-10
アフリカンゴールド
牡3・松若風馬・西園正都

6-11
コズミックフォース
牡3・浜中俊・国枝栄

6-12
フィエールマン
牡3・C.ルメール・手塚貴久

7-13
タイムフライヤー
牡3・和田竜二・松田国英

7-14
グロンディオーズ
牡3・J.モレイラ・田村康仁

7-15
オウケンムーン
牡3・北村宏司・国枝栄

8-16
ステイフーリッシュ
牡3・藤岡佑介・矢作芳人

8-17
シャルドネゴールド
牡3・藤岡康太・池江泰寿

8-18
グローリーヴェイズ
牡3・福永祐一・尾関知人