さいたまスーパーアリーナで予定していたコンサートを開演1時間前にドタキャンした沢田研二(70)が、きのう18日(2018年10月)にその理由を「ひと言でいうと意地。客席に空間が多すぎた」と語った。

「小さい所でいいから、客席を埋めてやりたいということだったのかな」と司会の加藤浩次は解釈した。

いっぱいのお客さんの前で歌いたい

沢田は開演前に見た客席の「配置に愕然とした」そうだ。主催者が9000人といっていた入りは7000人ぐらいで、「スカスカの状態でやれというのは僕には酷」と感じたという。会場のさいたまアリーナは最大で4万人近い観客を収容でき、沢田は主催者側に「やるならいっぱいにして。それが無理なら断って」と言っていたようだ。

沢田は「会場がいっぱいにならない限り、コンサートは行わないという約束は約束。ファンに甘えさせてもらった」と話した。

近藤春菜キャスター「沢田さんはお客さんをただいっぱい集めろと言っているわけではないんですよね。小さい会場なら小さいなりでいいから、空席が目立つようなのだけは嫌ということなんでしょうね」

加藤「客席を見て、あれっと気づいたでしょうね。埋まっているように見せるのは違うと、沢田研二さんは主張しています」

沢田は全国ライブコンサートを予定通り行い、来年(2019年)1月に武道館で最終公演も組まれている。