富山で警備員が射殺された事件 容疑者「警察官と見間違えた」

ざっくり言うと

  • 富山で6月、交番の警官が刺殺され、奪われた拳銃で警備員が射殺された事件
  • 容疑者は警備員について「警察官と見間違えて撃った」と供述しているそう
  • 県警は容疑者が警備員を射殺する前の発砲についても裏付け捜査を進めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x