「大哺乳類展2」国立科学博物館で開催、400点以上の剥製や骨格標本で紐解く、哺乳類の“生き残り戦略”

写真拡大

特別展 「大哺乳類展2」 が、東京・上野の国立科学博物館にて2019年3月21日(木・祝)から6月16日(日)まで開催される。

特別展「大哺乳類展2」は、9年前に好評を得た特別展「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」ぶりに“哺乳類”にフォーカスする展覧会。今回は、400点以上の剥製や骨格標本から、哺乳類の生き残り戦略について迫っていく。

あなたはどれだけ知ってる? 哺乳類のこと

地球という惑星が誕生して以来、その歴史とともに哺乳類は多様な能力を獲得し、これまで地球上のほとんどの環境に適応してきた。そのなかでも特徴的なのが、走る、跳ぶ、木に登る、泳ぐといった移動運動であるロコモーション。哺乳類のロコモーションは、同じ脊椎動物である魚類や爬虫類とはまったく異なり、多様性と自由度に富み、様々な環境に適応する能力をもっている。

圧巻の「哺乳類大行進」でロコモーションを解説

本展では、陸と海の哺乳類のロコモーション能力を、標本や最新の研究に基づいた映像で説明する。会場中央には「哺乳類大行進」として、科博の重要標本群の一つである「ヨシモト・コレクション」をはじめとする哺乳類の剝製標本150点以上を一堂に展示。会場では、原始的な特徴をもつ哺乳類とされる単孔類や有袋類から、アフリカや南米を起源とするグループ、我々になじみのある哺乳類である齧歯(げっし)目、霊長目、食肉目、鯨偶蹄(げいぐうてい)目といったものまでが、分類群ごとに分けられている。

具体的には、チーターの走り方、ブラックバックの跳躍力、テナガザルのブラキエーション(樹上運動)、イルカやラッコの遊泳などがトピックとしてあげられている。これらを、山口大学共同獣医学部の協力により、最新の解析映像も駆使して解説。また、陸棲哺乳類最大のアフリカゾウの全身骨格や、体長16mのマッコウクジラの半身を模型で再現したユニークな骨格、12mのセミクジラの全身骨格などを初公開する。

「食べる」「産む・育てる」に注目

もうひとつの重要な項目として、哺乳類がここまで繁栄し、生き残ってきた理由にも注目。会場では、生きるために必要不可欠である「食べる」、すべての生物の目的である子孫を残すための「産む・育てる」という“生き残り戦略”を紹介していく。

「食べる」では、草食、肉食、昆虫食など、食べるものによって異なる歯やあごの特徴を200点近い頭骨を揃える。一方「産む・育てる」では、オスがメスへアピールするために獲得した戦略をはじめ、胎盤や哺乳、生まれたコドモの生き残り戦略にも着目する。

人間、つまりは自分も哺乳類であるはずなのに、哺乳類のことは意外と知らない。地球という大きい惑星でともに生きる哺乳類の仲間に出会い、知り、学ぶことのできる貴重な機会となりそうだ。

【開催概要】
特別展 「大哺乳類展2」
会期:2019年3月21日(木・祝)〜6月16日(日)
会場:国立科学博物館(東京・上野公園) ※巡回展はございません
開館時間:9:00〜17:00
※金曜・土曜は午後8時まで
※ただし、4月28日(日)、29日(月・祝)、5月5日(日・祝)は午後8時まで、 4月30日(火)〜5月2日(木)、5月6日(月・休)は午後6時まで。
※入場は各閉館時刻の30分前まで
休館日:月曜日、5月7日(火)
※ただし、3月25日(月)、4月1日(月)、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)、 6月10日(月)は開館 。
入館料金:一般・大学生1,600円(1,400円)、小・中・高校生600円(500円) 、金曜・土曜限定ペア得ナイト券2名1組2,000円
※( )内は前売料金、前売券の販売は3月20日(水)まで 。
※金曜・土曜限定ペア得ナイト券は会場で当日午後5時以降販売、2名様同時入場限定 。
※未就学児ならびに障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)


[写真付きで読む]「大哺乳類展2」国立科学博物館で開催、400点以上の剥製や骨格標本で紐解く、哺乳類の“生き残り戦略”

外部サイト

  • 「21st DOMANI・明日展」を国立新美術館で開催 - 若手アーティスト10名が集結
  • 「クリムト展」 東京・愛知で開催 -《ユディトI》など過去最大級、約20点の油彩画
  • 展覧会「京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−」国宝の仏像など"醍醐寺"の至宝約135件 - 東京・福岡で