「顔がアレ」と審査員 加藤諒が残酷オーディションの経験を語る

ざっくり言うと

  • 加藤諒が17日の番組で、子役時代のオーディションのつらい思い出を語った
  • ドラマ・映画のオーディションを受けても、なかなか合格できなかったという
  • 審査員から演技は悪くないが「顔がアレ」などと冷たい言葉をかけられたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x