©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

10月11日(木)にスタートした木曜ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』。

©テレビ朝日

米倉涼子演じるスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory<勝利>を手にするため突き進んでいく本作だが、主人公・小鳥遊には“ある趣味”が…。

それが、鉄道だ。

鉄道研究歴30年の彼女は、日夜“鉄道バー”に足繁く通い、“カリスマ鉄子”として数々の鉄道雑誌に記事掲載されている。さらにドラマ内の設定として存在する資格「鉄道検定1級ライセンス」の持ち主で、第1話では“鉄道の専門家”として裁判に出廷した。

©テレビ朝日

米倉涼子と鉄道――この意外性ある結びつきのリアリティを担保すべく、本作には“鉄道監修”が付いている。

◆南田裕介マネージャーがドラマの鉄道監修に!

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』で鉄道監修を務めるのは、芸能事務所「ホリプロ」のマネージャーでありながら筋金入りの鉄道ファンとして『タモリ俱楽部』をはじめ様々な番組にも登場している南田裕介さん。

©テレビ朝日

南田さんは監修を務めるだけでなく、ドラマの公式サイトにて、毎回ストーリーに関係する駅弁や鉄道に関する知識を熱く語る動画「南田裕介の駅弁ちゃんねる」を配信。

第1弾の動画では、第1話で小鳥遊翔子も食べていた山形県米沢の人気弁当「牛肉どまん中」について、そして同話に登場した「銚子電鉄」の魅力を熱弁している

途中、ちょっとした“中座”のハプニングも飛び出す「南田裕介の駅弁ちゃんねる」第1弾、ドラマと併せてこちらも注目だ。