わずかな量の血液からがんの有無を検査 卵巣がんの発見率は99%

ざっくり言うと

  • 国立がん研究センターは17日、がんの有無を調べる新しい検査法について発表
  • わずかな量の血液で検査ができ、卵巣がんの発見率は99%だという
  • 診断が難しい卵巣がんの早期発見と生存率向上につながると期待されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x