エポカドーロ(2018年・皐月賞)

写真拡大 (全2枚)

10月21日(日)京都競馬場で行われる、菊花賞(G1・3歳オープン・芝3000m)の登録馬は下記の通り。

ダービー馬不在。しかしワグネリアンがいたとしても、大混戦に変わりはなかったか。今年の菊花賞は非常に難解で展開ひとつという印象。

皐月賞馬エポカドーロが中心となるか。神戸新聞杯こそ出遅れ本来の形が出せずに4着敗退。皐月は前が飛ばしたため事実上逃げの形となり、ダービーも先頭でレースを支配した。肉を切らせて骨を断つのごとく、レースを支配してロングスパート、持続力勝負というイメージの競馬は菊花賞にピタリとハマりそうだ。

ジェネラーレウーノも持続力は高い走り

ジェネラーレウーノ(2018年・セントライト記念)

ジェネラーレウーノもセントライト記念を制して勢いのある1頭。気持ちにムラがありそうでこの馬も展開ハマればという印象が、セントライト記念は見どころが満載だった。タニノフランケルの逃げを番手から早めに押し上げて粘りこむ競馬。残り4ハロン手前から追いかけ始め、ラスト12.6と坂でパタリと止まってしまい2着のレイエンダに多少詰められたが、自在性のあるロングスパートは長距離戦でも有利に働く可能性は十分。ラストが平坦な淀で4角先頭に近いイメージならばチャンスは大きい。

新潟記念で古馬相手に快勝したブラストワンピース、神戸新聞杯を後方から追い込んだエタリオウも人気の一角となりそうだが、菊花賞で後方一辺倒だと中々厳しいだけにジョッキーの捌きが問われそうだ。

アイトーン 57.0
アフリカンゴールド 57.0
エタリオウ 57.0
エポカドーロ 57.0
オウケンムーン 57.0
カフジバンガード 57.0
グレイル 57.0
グロンディオーズ 57.0
グローリーヴェイズ 57.0
コズミックフォース 57.0
ゴールドフラッグ 57.0
ジェネラーレウーノ 57.0
シャルドネゴールド 57.0
ステイフーリッシュ 57.0
タイムフライヤー 57.0
ドンアルゴス 57.0
フィエールマン 57.0
ブラストワンピース 57.0
メイショウテッコン 57.0
ユーキャンスマイル 57.0