【東京4R/2歳新馬】田辺「実戦向きでしたね」ラストヌードル直線一気

写真拡大 (全2枚)

日曜東京4R新馬はフィエールマンの半妹ラストヌードルが差し切る

14日、東京競馬場で行われた4R2歳新馬(芝1800メートル)は、オルフェーヴル産駒の2番人気・ラストヌードル(牡2、手塚)が後方からの差し切り勝ちをおさめた。

ゲートは五分に出たものの、その後は全く行き脚がつかず後方5番手を追走。直線を向いてもまだ馬群の真っ只中だったが…ラスト2ハロンで進路ができるやエンジン全開。次々と前を交わし、最後は粘り込みをはかる2着グレイストをクビ差とらえてフィニッシュした。

来週菊花賞に出走予定の半兄フィエールマンがいる血統

手綱をとった田辺が「追い切りでモタモタしていたようにまだ余裕がありましたが、それでも勝てたのは良かった。実戦向きでしたね」と振り返れば、管理する手塚調教師は「さすが血統馬だね。ゲートは出ないし、稽古でもまだ物足りなかったんだけど…まだ馬が薄いから、これから上積みもあるはず。来週(菊花賞に出走予定の半兄フィエールマン)へ向けて弾みになりました」と笑顔で話した。