アメリカで子どもの手足がまひする症状急増 有効なワクチンなし

ざっくり言うと

  • 米疾病対策センターは、子どもの手足がまひする症状が急増していると発表
  • 4歳前後の子どもの発症が多く見られ、全米22州に広がっているとのこと
  • 発症の原因は特定されておらず、有効なワクチンが存在しないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x