長野の病院で正常な子宮頸部の一部を摘出 女性の死産の一因に?

ざっくり言うと

  • 長野県松本市の市立病院で2012年1月、40代の女性が子宮筋腫の手術を受けた
  • その際、正常な子宮頸部の一部を摘出していたことが分かった
  • 女性は術後に死産したが、その一因になった恐れもあるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x