東口はウルグアイ戦で森保体制2試合目の出場。勝利に貢献も、3失点を悔やんだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼玉スタジアム2002
 
 日本代表は10月16日にウルグアイ代表と対戦し、4-3で勝利。森保一監督が就任してから3戦連勝を飾った。
 
 ウルグアイ戦でフル出場したGK東口順昭は、好セーブでチームの勝利に貢献。ディエゴ・ゴディンの強烈なヘディングを両手ではじき出した17分のCKのシーンは印象的で、相手エースのエディンソン・カバーニからは、直後に「ナイスセーブ的なことを言われた」という。
 
 それでも試合後には、「個人としては3点目も含めて、修正するポイントはたくさんある」と自身のパフォーマンスを振り返り、反省した。特に後悔しているというのが、75分の3失点目だ。
 エリア内でボールを受けたホナタン・ロドリゲスのシュートに触れられず、ゴール右隅に決められた(東口から見てゴール左)。

「3失点目はもろにシュートストップの部分。あれは、やっぱり触っていかなあかん。そういうシンプルな修正点がもっとある」
 
 そう悔やんだ東口が課題に挙げるのは、90分を通した安定感だ。
 
「最初のCKは防げましたけど、ああいう高いレベルでしっかり出し続けることが次の課題になる。90分通して高いセービングをしたい」
 
 森保体制の初陣コスタリカ戦では、クリーンシートに抑えた東口。11月シリーズで、再び完封することができるだろうか。

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝