ウルグアイ戦で活躍した堂安や中島ら。攻撃陣は4ゴールを挙げた。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 前半終了時と試合終了時にスタジアムから拍手が起こった。これがウルグアイ戦の内容を端的に表現していたと言えるだろう。
 
 FIFAランク5位、世界的な点取り屋のエディンソン・カバーニや屈強なCBディエゴ・ゴディンらを擁するウルグアイに対し、森保ジャパンは果敢に立ち向かった。
 
「パナマ戦とは大幅にメンバーを変えます」。前日会見で明言していたとおり、森保一監督は、10月12日に新潟で行なったパナマ戦の先発から9人を変更。大迫勇也と南野拓実の2トップは維持したまま、GKには東口順昭、最終ラインは左から長友佑都、吉田麻也、三浦弦太、酒井宏樹、ボランチは遠藤航と柴崎岳のコンビで、中盤2列目には中島翔哉と堂安律を並べた。
 
 この組み合わせで輝いたのは前線の4人だ。森保体制での初陣となった9月のコスタリカ戦でも良い連係を見せていた中島、堂安、南野はウルグアイ戦でも絶妙な距離感を保ち、今シリーズで代表復帰を果たした大迫も持ち前のキープ力を活かして攻撃を牽引。
 
 9分には中島の縦パスを受けた南野が鋭いターンから先制ゴールを奪い、同点に追い付かれた後の36分には堂安からゴール正面でパスを受けた中島がシュート。GKが弾いたところを大迫が詰めた。
 
 さらに57分には再びスコアをタイに戻されるも、2分後には酒井のスルーパスをエリア内で受けた堂安が絶妙なタッチで相手をかわして3点目。66分には柴崎の縦パスから堂安のシュートをGKが弾くと、南野が押し込んだ。

 シュート数はウルグアイの9本を上回る14本。4日前に韓国での親善試合を戦っていたウルグアイは疲れがあったのか、本来の姿ではなかったとはいえ、苦しい展開でもしたたかに結果を残す試合巧者の南米の雄に対し、攻め勝ったのだから、評価されて然るべきだろう。
 
「正直、もの凄い試合をしたんじゃないかなと。ここで満足をしてはいけないが、ビックリするくらい前線が点を取ってくれました」と、キャプテンの吉田も驚き持って振り返った。
 
 もっとも「結果として4点取れたのは今後の成長を考えても良かったです。ただ3失点していますし、課題は多く残りました」と東口が語ったように、諸手を挙げて喜べる勝利でもなかった。
 
 東口は守備面の課題を具体的にこう説明する。
 
「3失点目の場面は防がなくてはいけなかったですし、連係面を高めれば守れたシーンは多くありました。その辺は詰めていかなくてはいけません。課題は多く出ましたね。セットプレーもカバーニがニアで潰れて、ファーでゴディンが狙ってきていることをもっと早く察知していたら、(吉田)麻也をゴディンに付けるなどの対処法を取れたはず。自分たちで判断する必要がありました」
 
 今後は躍動感のあった攻撃陣を活かしつつ、守備面の強化が求められる。現に森保監督はチーム発足時から、なかなか守備練習に時間を割けなかった面がある。攻守のバランスが整った時、新生日本代表がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目だ。
 
 この日は74分から出場した青山敏弘は、ウルグアイ戦をこう語る。
 
「素晴らしかったですね。目指すのは今日のようなプレーになるはずです。だから今日のメンバーが現時点では一番良いのかなと。でも彼らには負けない特長を出せる選手が出てくるのも大事です。そこはこれからです」
 
 大きな一勝となったウルグアイ戦を指標に、森保ジャパンはどう進化していくのか。来年1月のアジアカップへ楽しみは増えた
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝