アメリカで手や足がまひする子どもが増加 原因不明、22州で確認

ざっくり言うと

  • 米国で手や足がまひする原因不明の症状を訴える子どもが増加している
  • 米疾病対策センターは16日、2018年は127人が症状を訴えたと発表
  • 22州の62人は、手足の一部に急に力が入らなくなる脊髄炎の一種と診断された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x