登録メンバー唯一のキャリア1勝馬。それでいて、牡馬クラシック三冠の最終戦となるGI菊花賞(10月21日/京都・芝3000m)での戴冠を期待させる馬がいる。

 エタリオウ(牡3歳)だ。


菊花賞に挑むエタリオウ。自慢の末脚で栄冠をつかむことができるか

 昨年9月にデビューした同馬は、これまで8戦して1勝しか挙げていない。だが、2着が5回もある。

 2戦目の未勝利戦を勝ったあと、500万下のレースで3戦連続2着。さらに、ダービートライアルとなるGII青葉賞(4月28日/東京・芝2400m)でも2着と、クラスに関係なく、安定した走りを見せてきた。

 そして、大一番となるGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)では、13番人気の低評価に反発するように4着と好走。出遅れて後方からの競馬を余儀なくされるも、上がり33秒5の末脚で猛然と追い込んできた。

 その後、夏を休養に充てると、皐月賞馬エポカドーロ、ダービー馬ワグネリアンが顔をそろえたGII神戸新聞杯(9月23日/阪神・芝2400m)に出走。ここでもメンバー最速かつ唯一の上がり33秒台をマークし、勝ったワグネリアンに半馬身差まで迫る豪脚を披露して2着となった。

 どんな相手と戦っても必ず上位に来る反面、500万下をなかなか勝ち切れなかったエタリオウ。ちょっと風変わりな同馬が、はたして菊花賞で勝ち名乗りを上げることができるのだろうか。

 そもそも、なぜ”あと一歩”の2着がこれほど多いのだろうか。

「単純に相手が強かったのもありますし、何よりエタリオウ自身が奥手のタイプで、春は勝ち切るだけの力が付き切っていなかったと思います」

 そう語るのは、エタリオウのデビュー前の育成を手がけ、夏の休養時の調整も担当したノーザンファーム早来(北海道)の厩舎長・山内大輔氏。春はまだ、ひ弱さが見え隠れしており、山内氏は「もうひとつ(上の)力がつけば……」と感じながら、エタリオウのレースを見ていたという。

 エタリオウはもともと、育成時代から成長の早いタイプではなかったそうだ。山内氏が言う。

「育成を始めたときは、こじんまりしていて、目立つタイプではなかったですね。冬毛も出やすく、少しモサッとしているような感じでした。

 ただ、2歳の4月頃からグングン良化しました。馬体が膨らみ、走りも安定して、毛ヅヤもよくなりましたね。育成を終えるときには、『いい体になってきたな』と」

 そうした成長を見て、山内氏はエタリオウの伸びしろの大きさを感じていた。ゆえに、未勝利戦を勝ったあと、2着が続いても「悲観的にはならなかった」と言う。

「育成の後半でグッと成長したとはいえ、先ほども言ったように、この春までは体が未完成な部分が見えていたので、むしろこの馬なりに『よくがんばっているな』と思っていました。毎回きちっと走りますし、一走ごとに成長している様子もうかがえていたので」

 そうして、青葉賞で2着となったエタリオウは、ダービーにも駒を進めた。それまで、コンスタントにレースに出ていたので、山内氏自身は「(ダービーでは)体力的にお釣りがあるのか、不安だった」という。しかし、エタリオウを管理する友道康夫厩舎のスタッフからは、「状態がよく、一発あるかもしれない」と聞いていたそうだ。

「ダービーには、エタリオウと同じ馬主さん(Gリビエール・レーシング)のジェネラーレウーノも出ていて、この馬の育成も自厩舎で担当したんです。2頭を応援していたのですが、エタリオウは出遅れてしまって……。

 でも、そこから盛り返して、直線では前にいったジェネラーレウーノが下がってきたところを入れ替わるようにして、エタリオウが外から追い込んできて。あれには、驚きましたね。唯一後方から来たので、力があることを感じました」

 山内氏が友道厩舎のスタッフから聞いていたとおり、エタリオウは確かに”一発ムード”を匂わせた。そして、ダービー後は山内氏のもとで休養をとった。

「ダービーであれだけ走りましたし、夏には『この休養で成長できれば、菊花賞は相当面白い』と考えていました。そこで、(牧場に戻ってきてからは)ダービーという激しいレースのあとでしたし、レースを使ってきて体も少しずつ減っていたので、まずは馬体を膨らませることを重視しました。

 実際、(休養中に)体はきっちり大きくなって、(馬体が)回復しただけでなく、成長も感じられました」

 山内氏の言葉どおり、エタリオウの成長を感じさせたのが、前走の神戸新聞杯である。ダービーと似たような展開となって、ここでも2着にとどまったが、春のような”勝ち切れない”2着とはひと味違う内容だった。

 スムーズなスタートを切ったエタリオウは、馬群からポツンと離れた最後方を追走。ゆったりした流れとなり、山内氏は「さすがにここから追い込むのは厳しいかな」と見ていたが、エタリオウはその想像をはるかに超える末脚を使って2着まで追い込んできたのだ。

「戦前から(鞍上の)ミルコ・デムーロ騎手は、次の菊花賞に向けて、こういう競馬をしようと決めていたみたいですね。私としては『よく2着まで来たな』という内容のレースでしたし、本番の菊花賞がかなり面白くなりました」

 同じ2着でも、意味合いは大きく違う。夏場の成長を経て、いよいよ白星をつかむ態勢が整ってきたと言える。現に、山内氏も「菊花賞はチャンス」と力を込める。

「距離は3000mに延長されますが、エタリオウは折り合い面に問題がないですから。それに、スタミナが相当ありそう。実は2戦目の未勝利戦を勝ったときに、『この馬、スタミナがあるな』と思っていて。菊花賞にはかなり向いていると思います」

 山内氏が言う未勝利戦、エタリオウは3コーナー最後方から大外を一気にまくっていくレースを見せた。4コーナーを迎えるときには、早くも先頭に立つ大胆な競馬。直線では外から迫るライバルに一度かわされそうになるが、そこからもう一度グッと伸びて盛り返したのである。

 およそ800m近いスパートだった。そのレースぶりから見てとれるスタミナは、きっと菊花賞で大きな武器になる。加えて、エタリオウは追い込むだけでなく、過去に番手の競馬を見せるなど、自在性もある。3000mという長丁場のレースにおける駆け引きにおいて、これまた有効な材料だ。

 菊花賞には、先述のジェネラーレウーノもGIIセントライト記念(9月17日/中山・芝2200m)を勝って臨む。山内氏は「どちらもがんばってほしいですし、両方ともチャンスはある」という。

 そして、エタリオウに対してはこんなエールを送る。

「夏の成長で手応えを感じていますし、前走も秋初戦としてはいいレース。あとは、輸送で馬体が減る面があるので、そこをうまくクリアしてほしいですね。古馬になってから一段と活躍できる馬ですし、まずは無事に。そのうえで、いいレースをしてくれたらうれしいです」 1勝、2着5回(着外2回)という稀有な戦績で菊花賞に挑むエタリオウ。しかし、積み重ねてきた5回の2着は決して無駄ではない。それを証明するのが、菊花賞の舞台である。3000mの長い旅路の先に、輝かしい栄冠が待っているはずだ。