値千金の勝ち越し弾を決めた大迫。近くでプレーした南野とも好連係を披露するなど、“半端ない”プレーぶりを存分に見せつけた。 (C) SOCCER DIGEST

写真拡大

 世界指折りの強豪国との打ち合いを制した森保ジャパンへの賛辞が止まらない。

 10月16日、埼玉スタジアムでウルグアイ代表との親善試合に臨んだ日本代表は、南野拓実の2ゴールと、大迫勇也、堂安律のゴールで4点を奪取。ウルグアイの猛攻にさらされ、1点差にまで追い上げられたが、なんとか勝ち切った。

 立ち上がりからアグレッシブな姿勢を貫き、躍動感あふれるサッカーを展開した日本に対する海外メディアの評価はうなぎ登りだ。ドイツのサッカー専門誌『Kicker』は、マッチサマリーにおいて、「日本が輝かしい勝利を飾った」と賛辞を綴った。

「サムライブルーが4-3という壮絶な乱打戦を制してウルグアイを破った。その輝かしい勝利にはブンデスリーガで活躍する選手たちが大きく貢献した」

 日本を讃えた同誌は、36分に相手守護神フェルナンド・ムスレラのこぼしたボールを押し込んで、値千金の勝ち越し弾を決めた大迫勇也について、得点シーンを描写しつつ、称賛の言葉を記している。

「日本はこの試合、大迫勇也の1トップでスタートした。そしてこのブレーメンのストライカーは、ハーフタイム直前に仕事をする。ムスレラがシュートをこぼした隙を見逃さず、ゴールのニアサイドをクールに打ち抜いた」

 ウルグアイとの激闘を制した森保ジャパンは3戦3勝と無敗をキープ。しかも、3戦とも3得点以上をマークする充実ぶりだ。来年1月にUAEで行なわれるアジアカップに向け、“融合”をテーマに総合力の向上を目指すチームにとっては、これ以上ないスタートと言えるだろう。

 果たして日本代表は、この破竹の勢いを保ったまま、アジアカップを迎えられるのか? 来月はベネズエラとキルギスとの親善試合に臨む。

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝