心からサッカーを楽しんでいる姿が印象的だった中島。次の代表戦でもその笑顔が見られるか注目だ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼玉スタジアム2002

 10月16日、日本代表は埼玉スタジアム2002で行なわれたキリンチャレンジカップでウルグアイと対戦。吉田麻也、長友佑都、大迫勇也らのロシア・ワールドカップ組と、中島翔哉、南野拓実、堂安律らの新戦力がいかに融合するか――。新生日本代表のパフォーマンスに熱視線が送られていた一戦だった。

 そうした状況で日本代表は攻撃陣の躍動により、4-3で打ち勝った。代表戦3試合連発となる2ゴールを決めた南野、代表初ゴールを奪った20歳の堂安律が結果を残し、負けじとロシアW杯組の大迫も1得点。期待されていた役者が結果を残し、今後に大きな希望を抱かせた。

 ゴールラッシュとなった展開で、忘れてはならない選手がいる。左サイドハーフの中島翔哉だ。攻撃の軸として躍動し、南野の先制弾をアシスト。日本の新10番は観る者をワクワクさせるプレーで魅了し、攻撃の軸として十分過ぎるパフォーマンスを見せた。

「ウルグアイも質が高いと思いました。そのなかで4得点できたことは大きい」と試合後に、手応えを話した中島。気になるのは自身の出来をどう見ていたかである。

 南野や堂安がネットを揺らしているだけに悔し気な表情を浮かべているかと思いきや、帰ってきた答えは少々意外なものだった。

「周りが点を取ったからといって、自分も取りたいという思いはない(笑)。常に得点を狙うことが仕事ですけど、それ以外のこともしたいので自然なプレーを毎試合目標にしています」

 周りが結果を出しても普段通りの姿勢を貫く。試合中は至る所で笑顔が見られ、サッカーを楽しんでいる様子が窺えた。

 彼のスタンスは試合中のちょっとした場面にも出ている。印象深かったのは40分の出来事だ。右サイドでCKを獲得すると、キッカーを務めるべくコーナースポットへ向かう。すると、転がっていたボールを足で拾い、そのまま鮮やかな跨ぎリフティングを披露したのだ。

「遊びですよ(笑)。特に何も考えていませんでしたね」

 咄嗟に出た試合中のボール裁きは、中島が余裕を持ってサッカーを楽しめている証だろう。

「やっぱり、相手とか舞台とか関係なくサッカーは楽しいもの。常に100パーセント楽しめるようにしていたいんです」

 ウルグアイ戦を目一杯満喫した生粋のサッカー小僧は、11月のベネズエラ戦、キルギス戦でも自然体のプレーでチームを牽引する。

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝