堂安が代表初ゴール。勝ち越し弾を挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2018の日本代表対ウルグアイ代表が10月16日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、日本が4対3で勝利を収めた。

 日本のスタメンは、GKが東口順昭、最終ラインは、右から酒井宏樹、三浦弦太、吉田麻也、長友佑都と並び、中盤はボランチに遠藤航と柴崎岳を起用。2列目は左サイドに中島翔哉、右サイドにレフティの堂安律が入る。2トップにはパナマ戦同様、南野拓実と大迫勇也が起用された。

 日本はFIFAランク5位の強豪、ウルグアイに対して前線からの果敢な守備と素早いパスワークでリズムを手繰り寄せる。一方のウルグアイも球際での激しい寄せと奪ってから縦に速い攻撃で押し返す。

 激しい序盤のせめぎ合いのなか、先手を奪ったのは日本だった。10分、左サイドでボールをキープした中島から前線の南野の元へ鋭いパスが供給される。これを足もとに収めた南野は追随する相手DFをかわして右足でゴールにねじ込んだ。日本が南野の3戦連発となるゴールで先制した。

 その後は互いに決定機を迎えるなど、一進一退の攻防を見せるが、日本は28分、ウルグアイにセットプレーを与えると、ゴール前でコアテスが頭で落としたボールにペレイロが反応。左足で押し込まれ、試合は振り出しに戻された。

 追いつかれた日本だが、テンポ良く攻撃を継続。36分、ペナルティエリア手前で中島が右足で狙い澄ましたミドルを放つと、シュートは相手GKムスレラに阻まれるものの、こぼれ球に反応した大迫が右足でネットに突き刺した。日本が2対1と勝ち越しに成功して前半を折り返した。

 後半、日本はメンバー交代なくスタート。日本は後半も立ち上がりから中島が高いキープ力で起点となり、ウルグアイゴールに迫る。カットインから中島が再三鋭いシュートを打ち込み、相手ゴールを脅かしていく。

 しかし57分、日本はセンターバックの三浦が攻め残っていたカバーニに気付かずバックパス。これをカバーニに拾われ、そのままゴールに流し込まれてしまった。試合は再び2対2の同点となる。

 それでも、この日の日本は怯むことなく、攻勢を保ち続ける。そして失点から2分後の59分、すぐさま反撃。相手の縦パスをカットした堂安が、酒井宏とのパス交換からそのままペナルティエリア内に侵入し、左足でゴールに流し込む。日本が堂安の代表初ゴールで再び勝ち越し。

 さらに日本は66分、堂安が相手DFのもたつきを見逃さず、ボールを奪取すると、遠目から思い切りよく左足を振り抜く。シュートはGKムスレラにセーブされたものの、こぼれ球を南野が押し込み、日本が4点目を挙げた。南野のこの日2点目で4対2とリードを広げる。

 日本は74分、柴崎に代えて青山敏弘を投入する。

 75分、日本はカバーニからのパスを受けたロドリゲスに追撃のゴールを許すが、その後は最終ラインを中心に粘り強い守備を見せ、ウルグアイの終盤の反撃をシャットアウト。結局試合は、4対3でタイムアップ。日本がリオ、東京五輪世代の若手新戦力の活躍で、世界5位の強豪に打ち勝った。 

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝