コンゴのエボラ出血熱が拡大する恐れ 米の対策チームが退避

ざっくり言うと

  • エボラ出血熱が流行しているアフリカ中部コンゴ民主共和国
  • 最悪の被害が出ている地域から、米専門家チームが退避した
  • 武力衝突の激化で対応が難しくなり、近隣諸国に感染が広がる恐れもある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x