首都圏を中心に風疹の流行が拡大 患者数は2017年の12倍近い1103人

ざっくり言うと

  • 首都圏を中心に風疹の流行が拡大し、2018年の累積患者数が1103人となった
  • 国立感染症研究所が16日に発表した集計で、2017年の12倍近い
  • 感染を防ぐため、妊娠を希望する女性に抗体検査を受けるよう呼びかける

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x