神戸新聞杯(9月23日/阪神・芝2400m)のエポカドーロ(牡3歳)にはがっかりした。

 単勝2.7倍。ダービー馬ワグネリアンを差し置いての1番人気だったのである。

 皐月賞馬で、ダービー(5月27日/東京・芝2400m)で2着という世代最上位の実績。加えて、ここが秋初戦ながら、調整は順調。前に行って押し切るという安定感たっぷりの戦法。さらには、主戦・戸崎圭太騎手への信頼など、”買い”の材料はいくつもあって、それがその高いファンの支持となった。

 しかし、結果は勝ったワグネリアンから、3馬身ちょっと離されての4着。それも、惜敗とか、次に期待を抱かせるといった内容ならまだしも、ほとんど見せ場のない4着だったのだ。

 最後の直線で、最後方から追い込んできた2着エタリオウに、抵抗する間もなくかわされ、引き離されていく姿は「情けない」という感じすらした。

 無論、エポカドーロ陣営にも、あの敗戦については言い分がある。

 ひとつには、ここはあくまでも前哨戦であり、何が何でも勝たなければいけないレースではなかったこと。したがって、仕上げがよく言う”余裕残し”のトライアル仕様だったことだ。

 しかも、これが一番大きい敗因だが、逃げ・先行の戦法で勝ってきた馬が、スタートでつまずいて、位置取りが予想もしなかった後方になってしまった。

 エポカドーロを管理する藤原英昭調教師は、レース後にこうコメントした。

「スタートがすべてだった」

 主戦の戸崎騎手も、同じような敗因を口にした。

「スタートがあんな感じになったので、自分の競馬ができなかった」

 勝負事に”たられば”は禁物だが、実際、当日にあのレースを見て「もし、スタートでつまずくというアクシデントがなかったら、どうなっていただろうか……」と思った人は少なくなかったはず。それぐらい、致命的なスタート後のアクシデントだった。

 もしかすると、あのアクシデントは、当日の仕上げがトライアル仕様ゆえの、馬自身の心身の余裕、厳しく言えば”隙”がもたらしたものだったかもしれない。

 だとすれば、”隙”のない、完璧に近い仕上げで臨むであろう本番では、再びあのようなアクシデントが起こることは考え難い。今度は持てる力を存分に発揮できるだろう。


菊花賞で二冠目を狙う皐月賞馬のエポカドーロ

 では、馬券は”買い”か。

 ところが、話はそう簡単ではないらしい。

「あのレース、エポカドーロがつまずいたことだけに、単に敗因を求めるべきではありません。もっと本質的な問題があるんです」

 そう語るのは、関西の競馬専門紙記者である。

 つまずいたこと――それが敗因なら、今度はつまずかなければ済む話。だが、つまずかなかったとしても、また神戸新聞杯と同様、凡走してしまうかもしれない「本質的な問題」が、この馬にはあると言うのだ。

「走るときのリズムですよ。

 自分のリズムで気持ちよく走れたとき、この馬は本当に強い。皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)も、ダービーも、そういう競馬でした。ビデオ映像で改めて見てもらえばよくわかりますが、あのふたつのレースでは『これ以上ない』というくらい、この馬の競馬がうまくいった。

 でも逆に、何かのアクシデントがあって、リズムが崩れて、自分の好きな走りができなかったとき、この馬は脆い。その弱点を露呈したのが、神戸新聞杯での競馬です。

 もし本当に強い馬だったら、たとえ出遅れても、不利な競馬を強いられたとしても、どこかで一瞬でも『さすが』というところを見せるものなんですけど……。もともと歩様が硬くて、器用さがない馬ですからね。一度リズムを崩すと、それがなかなか修正できないんです。

 菊花賞では唯一、ハナを切って気持ちよく逃げたときだけ、勝ち負けの可能性があると思いますが、他の馬の陣営がそれを黙って許してくれるかどうか。前走からの巻き返しは、かなり厳しいでしょう」

 もうひとつ、この馬にとって気になるデータがある。

 菊花賞は前走で神戸新聞杯を使った馬が強く、過去10年の勝ち馬10頭のうち、実に8頭が神戸新聞杯組。そのうち、神戸新聞の勝ち馬が4頭。残る4頭も神戸新聞杯で負けたとはいえ、すべて馬券圏内の3着以内を確保している。

 だが、エポカドーロは4着……。 エポカドーロがこうしたジンクスを跳ね返し、弱点を克服して鮮やかに逃げ切るシーンを見てみたい気もするが、そのハードルは思いのほか高そうである。