宮内庁が「仁徳天皇陵」を調査へ 保全工事に向けた資料収集が目的

ざっくり言うと

  • 国内最大の古墳で、宮内庁が仁徳天皇陵として管理する大山古墳
  • 同庁は15日、内側の堤の掘削調査を10月下旬から開始すると発表した
  • 今後予定される墳丘の保全工事に向けた基礎資料を収集するのが目的だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x