親が認知症になり「成年後見制度」を利用 深く後悔してしまった理由

ざっくり言うと

  • 本人の代わりに財産に関する法律行為ができるという「成年後見制度」
  • 父親が認知症になり成年後見人になった男性は、深く後悔していると語った
  • 諸費用で年間約24万円かかるほか、生前贈与も認められていないのだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x