厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第21回:サトノジェネシス

 10月8日に行なわれたGII京都大賞典(京都・芝2400m)で、サトノダイヤモンド(牡5歳)が約1年半ぶりの勝利を飾った。同馬がトップでゴール板を駆け抜けたあと、スタンドからは大きな拍手が起こった。

 それだけ、多くのファンがこの馬の復活を願っていたのだ。

 デビュー前から「逸材」と騒がれていたサトノダイヤモンド。実際に初陣からスケールの大きな走りを見せて、デビュー3連勝で重賞制覇を遂げた。

 クラシックにも”主役”として臨み、GI皐月賞(中山・芝2000m)で3着、GI日本ダービー(東京・芝2400m)ではハナ差の2着に敗れたものの、最後の一冠であるGI菊花賞(京都・芝3000m)でついに戴冠。待望のクラシック・ウイナーとなった。

 さらに、続くGI有馬記念(中山・芝2500m)では、古馬最強のキタサンブラックを撃破。GI2勝目を挙げ、古馬になってからのさらなる飛躍を期待させた。

 しかし古馬となった翌年、3月のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)こそ快勝したが、以降は勝ち星から遠ざかっていった。活躍が見込まれた凱旋門賞(フランス・芝2400m)で惨敗を喫し、今春もGI戦線で人気を得ながら敗戦を繰り返した。

 そんな状態から今回、見事に復活。ファンが盛り上がったのも自然なことだった。

 その勝利に「続け!」とばかりに、サトノダイヤモンドの全弟がまもなくデビューを迎えようとしている。美浦トレセン(茨城県)の堀宣行厩舎に所属するサトノジェネシス(牡2歳/父ディープインパクト)である。


サトノダイヤモンドを兄に持つサトノジェネシス

 全兄にサトノダイヤモンドがいる血統背景ゆえ、同馬も幼い頃から注目を集めてきた。2016年、競走馬のセリ市である『セレクトセール』に当歳で出されると、2億8000万円の高値で落札された。

 それから2年の時が経ち、2歳となったサトノジェネシスはどれほどの成長を見せているのだろうか。デビュー前の育成を行なったノーザンファーム空港牧場の佐々木淳吏氏は、春の時点でこう話していた。

「サトノジェネシスは兄のサトノダイヤモンドと比べて、性格、馬体、乗り味など、まったく違うタイプですね。性格は少しやんちゃなところがあって、ディープ産駒らしいと言えます。馬体は、すらっとしている兄とは異なり、コンパクトにまとまって身が詰まっています。走りも(サトノジェネシスは)ピッチ走法に近く、(距離は)2000mあたりが得意なイメージです」

 現在、同馬はすでに堀厩舎に入厩。デビューに向けて調整を進めているが、厩舎スタッフはサトノジェネシスに対して、どんな感触を得ているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンが語る。

「馬体重が約500kgと、見栄えのする馬体の持ち主です。スタッフは『順調に調教を積んで、徐々によくなっている』と話していますね。さすがに兄ほどの動きはまだ見せていないようですが、成長は確実にしており、これからどこまで伸びていけるか、というところ。実戦でガラッと変わる可能性もありそうです」

 サトノジェネシスのデビュー予定は、10月20日の2歳新馬(東京・芝2000m)。当然、多くのファンがそのレースに注目しているだろう。 復活を遂げた兄と同様、弟もクラシック戦線へ駒を進めることができるのか。その初陣から目が離せない。