森保監督が世代間の融合に手応えを語った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2018の日本代表対パナマ代表が10月12日、デンカビッグスワンスタジアム(新潟)で行なわれ、日本が3-0で快勝した。
 
 日本は4-4-2のシステムを採用した。GKは権田修一、最終ラインは右から室屋成、冨安健洋、槙野智章、佐々木翔が並んだ。2ボランチは青山敏弘と三竿健斗が組み、右サイドに伊東純也、左サイドに原口元気を起用。2トップには大迫勇也と南野拓実が置かれた。
 
 先発メンバーについて森保一監督は、「いろんな意味での融合ということで、これまでA代表で出場機会がなかった選手に新たな経験をしてもらうということ。チームとして経験のある選手と融合していくということを考えながら、メンバー編成をしました」と説明。ロシア・ワールドカップを戦った原口や大迫に加え、9月シリーズで出番がなかった権田や冨安がスタメンを飾っている。
 
 日本は42分、青山のパスを受けて抜け出した南野がGKとの1対1を冷静に制し、先制弾を奪う。さらに、65分には南野のシュートのこぼれ球を、ゴール前で伊東が押し込んで追加点。85分には最終ラインの裏に走った川又が相手DFのオウンゴールを誘発し、リードを3点に広げた。
 
 23歳の南野と25歳の伊東は9月のコスタリカ戦(3-0)に続いて2戦連発。若手を抜擢しながら結果も残し、森保監督は試合後に手応えを語った。
 
「チームとしてやろうとすることを、選手たちが前向きにチャレンジしてくれて、それが結果につながって、この2試合は本当に良かったと思います」
 
 コスタリカ戦からの2連勝を飾ったとはいえ、次戦の相手はウルグアイ(10月16日/埼玉スタジアム2002)。強豪との一戦に向け、指揮官は気を引き締めるように言葉を続けた。
 
「ただ、まだまだクオリティを上げていかなければいけないところはあると思うので、そこはさらに気を引き締めて次、良い試合をしていかなければいけないと思います。今日は試合に勝って選手たちの頑張りが素晴らしかったと思いますけど、今日の勝ちは次の勝ちを保証してくれるものではないと思いますので、次さらに良いゲームができるように、応援してくれる方々がもっと喜んでもらえるように、最善の準備をしていきたいと思います」
 
 ここ2戦とは違うクオリティの高さを持つウルグアイが相手となるだけに、森保ジャパンの真価が問われる一戦になりそうだ。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 パナマ|コスタリカ戦に続いて3発快勝の森保ジャパン! 南野&伊東がゴールで猛アピール!