“アントマン”ポール・ラッドのインタビュー映像解禁

写真拡大

全世界興行収入で1兆9,000万円を突破(2018年9月25日 Box Office Mojo調べ)するなど、破竹の勢いで大ヒットを記録し続ける“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”シリーズ。その最新作「アントマン&ワスプ」が、2019年1月9日にMovieNEXで発売されることが決定した。2018年12月19日より先行デジタル配信も開始する。

頼りなさすぎるヒーロー“アントマン”と、完璧すぎるヒロイン“ワスプ”――。ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女“ゴースト”が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? ユニークなパワーと微妙なチームワークで、彼らは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか――。

このたびMovieNEXの発売決定を記念して、「アントマン&ワスプ」で主人公アントマンを演じるポール・ラッドのインタビュー映像が解禁。インタビュアーに挑戦したのは、新人俳優の松大航也。松大は子どもの頃からマーベルの映画に親しんできた生粋のマーベルファンで、「マーベルのヒーローの中でもアントマンが一番好き」と宣言。「超人的なパワーを誇るヒーローが多い中、スーツを着て必死に戦うところに共感できるんです」とアントマン愛を熱く語る彼が、あこがれのマーベル映画のヒーローに対面した。

松大はラッドに対面すると、本作のおすすめポイントを質問。ラッドは「愉快でアクション満載の作品というだけではなく、親子の関係性も描かれている」といい、「家族と強さがテーマになっているんだ。そばにいる誰かが強さを与えてくれる。愛する誰かのために生きてるということが大事なんだ」とにこやかな笑顔ながら熱く語った。

次に、松大は本作にラッドが脚本家として参加していることに触れ、「脚本でご自分のアイデアが活かされた部分は?」と質問。ラッドは「“こことここ”とはっきり答えるのは難しい。バンドは全員で曲作りやレコーディングをする。今回の脚本も同じだ。大勢の力が合わさって完成したんだ」と丁寧に説明。松大は「日本の映像作品では、脚本はひとりの人が書くというイメージだったので、マーベル映画の共同作業のお話に、スケールの違いを感じました」と感心していた。

最後に撮影で苦労した点を聞くと、ラッドは「撮影中、クモか何かにひじのところを噛まれた。この映画の撮影の半分ぐらいはずっと腫れたままだった。散々だった(笑)」と知られざるエピソードを披露。「(クモに噛まれて特殊能力が芽生えた)スパイダーマンの能力は授からなかった」とポールがユーモアたっぷりのコメントをすると、松大も笑顔を見せ、和やかな雰囲気でインタビューを終えた。

インタビューを終えた松大は、「実際にお会いして、ポールさんの人間味あふれる魅力を目の当たりにし、ますます好きになりました。彼が演じるスコットは自分の娘が大好きなんですが、まさにそういう役にピッタリですよね」と興奮。「僕は俳優の仕事を続けて、いつかマーベルの映画に出るのが目標。演じるならやっぱりアントマンのように親しみの持てるヒーローがいい」と、将来に向けて思いを新たにした。

2019年1月9日に発売されるのは、「アントマン&ワスプ」MovieNEX(4,200円/税別)、4K UHD MovieNEX(8,000円/税別)、4K UHD MovieNEX プレミアムBOX(数量限定/10,000円/税別)。2018年12月19日より先行デジタル配信開始。